衝撃のワード。

衝撃のワード。

こんばんは、門(かど)まゆみです。

 

昨日と本日で演劇イベントの企画が大きく前進したので、高校の演劇部の顧問の先生に3校ほどお電話させていただきました。

その中のある先生から衝撃のワードが飛び出しました。

 

「今の3年が11月のコンクールの後に引退したら、部員数的に廃部になるかもなぁ。新入生がたくさん入ってきてくれたらいいんやけど」

 

は・い・ぶ。

 

なんとも言えない虚無感。

 

大袈裟ではなく、まさに

ちびまる子ちゃんのガーーーンってやつに5秒くらいはなっていたんじゃないでしょうか。

 

軽音楽イベントも現在企画中なのですが、京都府内に高校は100校以上在るのに、「軽音楽部」があるのは、たった20校ほどだそうです。(違った形での音楽系部活動はあるのかもしれませんが)

 

文化系の部活動の活性化!

本気で取り組みたいなと、思います。

 

やります!!!