人事評価を作り直しています。

人事評価を作り直しています。

こんばんは、大亀です。

 

最近、会社では人事評価制度を再度練り直しています。

 

人事評価制度作りは、5年ほど前も取り組んだことがあり、今回は2回目です。

 

最初作った時は、毎月面談をおこない、360度評価で、いかに公平に作るかといったことを考えて作成したのを覚えています。結局煩雑になり過ぎて、時間ばかり取られてやめてしまいましたが。。。

 

その頃から、人事評価や待遇面の査定は、いかに本人が納得するか?という納得感が重要だという事を感じたのを覚えています。

 

給与が上がるにしても、残念ながら下がるにしても、そうなる理由が分かることが大切だと思います。

 

給与が下がりたい人はいないと思いますが、当社では副業をしているメンバーもいますので、いかに自分の時間を作れるか?というのも働く上で重要だと考えています。

 

 

私自身、結婚し、子供も産まれ、仕事を自宅に持ち帰る事が増えました。仕事も時間より質をいかに上げるかがテーマです。そうなると、単に額だけが満足度を高めるものではないと思います。

 

 

自身の給与に対しても、納得感が大切だと考えています。

役員である以上、業績が良ければ高く給与を設定したいですし、逆に赤字なら身銭を切ってでも対応をしていく必要があります。

自身が役員だから納得していますが、みんなが納得をするルールにしていかないといけません。

 

1017

 

人を評価するのは、本当に難しいです。納得感を出すためには、各自が自分達で作っていくというスタンスがないと上手くいかないと思います。

 

まだまだ会社の規模も大きくしていきたいと考えているので、しっかりと今のタイミングで人事評価を作っていきたいと考えています。