コロナ対策イベント応援プロジェクトの検討

コロナ対策イベント応援プロジェクトの検討

こんばんは、大亀です。

高校総体に続き、夏の甲子園も中止が決定したようです。
今年の3年生は致し方ないと言えど、本当に可哀想です。

 

私自身、高校時代は剣道中心の生活でした。
全国大会へ出場はできませんでしたが、出場に向けて仲間と練習試合、合宿、遠征をしたのは一生の思い出です。

何とか開催して欲しかったというのが本心ですが、中止という重い決断をされた各協会・教員の皆様は苦渋の決断だったと思います。

人命を優先し、新型コロナウイルスの蔓延を防ぐためには致し方ない決断だったのかもしれません。

 

さて、当社は「部活動」に関わる事業を運営しています。

事業テーマとして、「利便性を高め、支援し、楽しく」という部活動をより良くしよう。というテーマを掲げています。

当社として、何かできることはないか?というのを模索している日々です。

 

 

部活動は教科学習では学べない「リーダーシップ」「チームワーク」「マネジメント」といった社会で生きていく上で必要な経験が多く学べる場です。

そのため、緊急事態宣言が解除された後は、教科学習と同時に再開をして欲しいと考えています。

とは言っても、何も予防せずに大会・練習試合・イベントは開催できません。

 

そこで、当社はこの2ヶ月ほどでマスクの流通ルートの構築。

アルコールジェルの仕入れ、フェイスガードやアクリルパネルなども

扱える状態にあります。

 

この衛生日用品を活用して、部活動イベントの応援企画ができないかと考えています。

 

高校生の皆様には進路関係の取り組み(資料請求やブースでの相談会)を

ご対応頂ければ、マスク・アルコールなどは当社で手配し、プレゼントなども可能になりそうです。

 

 

もし、高校の部活動関係者の方がおられましたら、

是非「コロナ対策イベント応援プロジェクト(仮)」にお問合せを頂ければと思います。

 

色々なご意見を頂きつつ、企画が実施できないかと考えています。

是非お気軽にご連絡ください、宜しくお願いします。

 

 

ではでは。