環境vs遺伝

環境vs遺伝

こんばんは!
おもれいのひさとです!

このブログをせっかく見てくださっている人に
いろんなことを感じてもらいたい、知ってもらいたいと
考えながら日々を生活しておりますが、

今日は久々に学生の時に
ちょろっと学んだことを考える日になりました。

というのも、僕は大学で
主に発達心理系と教育心理系を学んだいたのですが、

面白いなと思ったのが、

人間の発達要因は、

遺伝>環境 ?
遺伝<環境 ?

ってテーマの授業でした。

「立場が人を作る」って言葉があるように、
環境が人を作っていくのか

それとも遺伝で人はもともと決まっているのか?

なんてざっくり言うとこんな感じのテーマなんですけど、

個人的には、

遺伝=骨
環境=肉

なんかなーなんて思ったりします。

自分のアイデンティティーって骨格の周りに、
今まで出会った人やこれから出会う人、
いろんな要因から学んだことが肉となって最終的にその人のパーソナリティになる、的な。笑

そう考えると、教育っていろいろ肉の部分を足してあげることなんかなーって、
そしてその肉が霜降りになるのかスカスカになるのか、、、

今日そんなことを思い出して、
僕たちが教育でフォーカスしていく
一番のポイントの部分はどこか?

教育のあり方なんてものを考え直す必要があるかも、、、

なんて思った1日になりました。

さて、今週もあと中盤。

僕たちの使命に向かって、走り続けよう。

・・・倒れない程度に。