かんしゃ

かんしゃ

こんばんは。松井です。

今日は、福岡と熊本の柔道部の先生とお話させ頂く機会がありました。

その際に、「あ、~先生の教え子?」「~先輩にはお世話になったんよー」

と言って頂き、仕事の話や柔道の話を沢山させて頂きました。

高校生の頃は、指導して下さる先生方にたいして、

「なんでこんな凶悪な練習メニューを思いつくんだろう?」や

「なんでこんなハードな遠征の日程を組めるのだろう?」

と心の中でずっと思っていました。普通の週末土曜日、朝3時出発で

日曜の夜遅くに帰る遠征をどうして思いつくのか今でも謎のままです。

正直この人たちは「鬼」だと思っていました(笑)

ですが、今は恩師の方々が作って下さったつながりに、とても支えて頂きながら

お仕事をさせてもらっています。

恥ずかしくて、直接は言えませんが感謝の言葉しかありません。

恩師や、支えて下さる皆さん、そして僕を成長させてくれた柔道という競技に

少しでも恩返しできるようこれからも頑張ります。