久しぶりの新卒研修でした。発言は注意しましょう。

久しぶりの新卒研修でした。発言は注意しましょう。

こんばんは、大亀です。

 

イベント繁忙期の中ですが、私の方は4月から入社する新卒社員の受入研修を対応していました。
久しぶりの研修です。下記の文章をテキストに入れておきました。

 

発言を意識すること

仕事の上で、「多分」「一応」といった言葉は使わないようにしましょう。また、「大体これぐらいです」「ある程度終わっています」といった、曖昧な報告はおこなってはいけません。

また、「忙しい」という言葉も使わないようにしましょう。忙しいとは「心」を「亡」くすと書く、最もネガティブな言葉です。経験上、忙しいと思ってもらいたい人は「自分は世の中から必要とされている。そのくらい価値がある」と思われ、優越感に浸れるからです。その一方で、「時間の管理が下手で余裕がないです」と、恥を公言しているようなものです。仕事は優先順位を判断し、時間効率を高めておこなうものです。本当に優秀なら、定時で仕事を終わらせることができるはずです。

 

会社のメンバーも入れ替わり、「一応」や「多分」、そして「忙しい」という言葉が聞こえる事があります。

これらの言葉は、仕事において必要ない言葉だと思います。

私自身も再度気を付けたいなと思いました。

 

 

ではでは。