目の前のソバより、明日のステーキ

目の前のソバより、明日のステーキ

こんばんは、大亀です。

 

この前の打合せで、とある経営者の方からおっしゃって頂いた言葉があります。

 

 

それは、「目の前のソバより、明日のステーキを食べよう」です。
さっそく、机の上に貼り出しています。

 

 

意味はよく言われる、今を頑張って将来に花を咲かせよう的な話なのですが、31歳でその言葉を聞いて、なんかいい言葉だなと思いました。

年齢を重ねる毎に、影響を受ける言葉ってかわりますね。おそらく、20代で聞くと、スルーしていた言葉だと思います。

 

 

目の前のソバに満足するのではなくて、35歳、40歳の時に、最高のステーキが食べれるように、仕事をバリバリこなして、更にステップアップ出来るように頑張りたいと思います。

 

 

「目の前のソバより、明日のステーキ」っていい言葉じゃないですか?

 

ではでは。