幸せにするということ。

幸せにするということ。

 

 

こんばんは!

みなさんにお誕生日のお祝いをして頂いて、ものすごーく幸せな門(かど)まゆみです!

 

 

さて、昨日のブログでマイクレド(私の使命)は、「関わる全ての人を幸せにし、日本を元気にする」ことだと書きました。

 

なぜ、私は人を幸せにしたいのか。

それは、人を幸せにできないと生きていけないからです。

 

あなたは、何のために働きますか?

私は自分らしく生きていくために働きます。

 

今の日本では、働いて収入を得なければ、

食べたいものを食べることもできません。

行きたいところに行くことも、

着たい服を着ることも、

住みたい部屋に住むことも、

守りたい人を守ることもできません。

 

決して贅沢をしようというわけではなく、自分が自分らしく生きるためには働く事が必要不可欠です。

 

では、そもそもお仕事とは何でしょうか?

色々な職種・職業がありますが、ビジネスとして存在するお仕事には、必ずモノやサービスを提供する側と相手が居ます。

では、その相手が怒り・悲しみ・寂しさなど、提供前よりもマイナスの状態になるモノ・サービスに対して相手は、お金を使いたいと思うでしょうか。

 

相手が「嬉しい!」「美味しい!」「助かる!」「楽しい!」「癒やされる!」そして、「面白い!」という提供前よりもプラスの状態になるモノ・サービスを人は求め、ビジネスとして成立するのだと思います。

 

つまり、相手を何かしらのカタチで「幸せ」にするものがお仕事だと思っています。

 

なので、自分らしく生きて行くために、働く。

お仕事は、人を幸せにすること。

 

私は、自分が自分らしく生きていくために、人を幸せにして生きていきたいと思います。

 

まぁ、単純に幸せそうな人を見ると、自分も幸せになるっていうのもあるんですけどね。