記録と記憶

記録と記憶

お疲れ様です。大木です。

今日は、イベント参加のお礼連絡をしていました。“おもれい大木です”これに対して“あ~~○○日ありがとう”という返答を頂けて心の中でガッツポーズをしていました。

当日のイベント成功もうれしいですが終わってから先生や生徒の記憶に残っていることが大変うれしかったです。住所の書き漏れがあったので生徒様に直接連絡した際も“大きい白のウィンブレ着てた”これも“あ~~”と、営業畑育ちの自分としては、売上よりも正直に自分を覚えていただけることが一番うれしいです。よくお客様に対して大なり小なりを各付する経営者の方もいましたが正直あまりそこの部分に関しては賛成では内心思っていませんでいた。そのお客様が継続していただけるなら大きいのが1回よりも小さくても10回、20回と着て頂けるほうがいと思うからです。

また春のイベントに向けて只今、えっちらおっちら土台固めしていますが、お待ちの先生、今会いにいきます!!!なんか気持ちわるい!!!

また土台が固まり次第、ご連絡差し上げます。