承認欲求を、まずは拍手で!

承認欲求を、まずは拍手で!

こんばんは、門(かど)まゆみです。

 

 

今日の朝礼で「拍手」についてお話させて頂きました。

 

拍手には、拍手を送る相手を「承認」する意味がある。

と言いましたが、その「承認」ということには、ものすごーく大切な意味があります。

 

人間の欲求には、段階があるのをご存知ですか?

 

アメリカの心理学者:マズローの提唱した説で有名なので、ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが。

 

第1段階:生理的欲求

何か食べたい!

何か飲みたい!

寝たい!

これは、日本は恵まれてますし、大概の人は欲求不満になることはないと思います。

 

第2段階:安全欲求

危険な目に遭いたくない!

安全な暮らしがしたい!

病気になりたくない!

これも、ある程度の人は欲求不満になることはないと思います。

 

第3段階:社会的欲求

仲間(友達)が欲しい!

集団(会社や部活等)に属したい!

これが欲求不満になると、孤独感や疎外感、不安を感じてしまいます。

 

この第1~3段階は外的に満たされたいという、「周りの人が見たり感じたりできる」欲求です。

 

これが満たされていると、次は内的な心を満たされたいという、「周りの人からは分からない」欲求です。

 

第4段階:承認欲求

周りの人に認められたい!

周りの人に必要とされたい!

周りの人に頼られたい!

これって、自分自身がそう感じるかどうかで、周りが本当はそう思っていても本人がそう感じていなかったら、欲求不満になってしまいます。

 

第5段階:自己実現の欲求

トップセールスマンになりたい!

自分の可能性や能力をもっと試したい!

こんな企画やりたい!

キャリアアップ転職をしたい!

ここの欲求に対して動く人が多ければ多い集団ほど、自律することができる自立した人が多く、自走できる集団になります。

 

 

そして、社員・アルバイト問わず、離職率の低い企業は、承認欲求が満たされている人が多い企業だと思います。

 

 

形からにはなりますが、「拍手」は「承認」の意味があるので、称える時だけでなく朝礼や会議で誰かが発表や提案をした時に、拍手で「あなたの考えをちゃんと受け入れましたよ!」と承認の行動を取って行ければなと、それが一人一人の居心地やモチベーションの向上につながり、自走できる集団になれればな、と思います。