活性化!

活性化!

こんばんは、門(かど)まゆみです。

 

今日は演劇イベントの開催に向けて、講師として来ていただく予定の方と打ち合わせをさせて頂きました。

 

お話をさせていただく中で、演劇イベントの開催にあたって、ひとつの目的が私の中で出来ました。

 

『高校演劇の活性化』

 

高校の現役の顧問の先生や劇団に所属している方にお話を伺っていると、私の高校生の頃と比べて、演劇部は二極化の一途を辿っているように思います。

 

全国大会や近畿大会に出場する高校はだいたい決まっています。私の頃も強い高校とそうでない高校はありましたが、それでも毎年違う高校が出場し、たくさんの高校が全国目指して切磋琢磨していました。

 

要因のひとつに、長年演劇を熱く指導されていた先生方が続々と定年を迎え、顧問の先生自体が教え方が分からなかったり演劇に詳しくなかったりする方が多いということです。

 

これから開催する演劇イベントを通して、高校生の皆さんに演劇をもっともっと楽しんでもらい、ハマりにハマってもらい、顧問の先生方にも演劇をもっともっと知ってもらい、ハマりにハマってもらい、

 

演劇ではなく、『高校演劇』というものが、もっともっとメジャーになるように、

 

今後、開催する演劇イベントが活性化のきっかけのひとつになるように、

 

素敵な時間を創れるよう、考えに考え抜きたいと思います!

 

今日の打ち合わせは、本当に価値ある時間になりました。

 

ワクワクします!

ワクワクさせます!

頑張ります!