師匠がいたから今の自分がいる(・ω・)

師匠がいたから今の自分がいる(・ω・)

 

今日も寒いですねー( ;∀;)

そして、寒いから熱いコーヒーを飲むと汗だくになってしまう☆

東京支社の村山です。

 

人生において、目標にする人に出会った時。

皆さんはどうされますか?

 

私は高校生の時にとあるアルバイト先で目標とする人物に出会い、その人がいる会社に

入社をしました。

配属希望通りにその人の下につき、新人研修を終えた6月頃だったでしょうか、初めて

現場でその人に改めて挨拶をした時に言われた事が…

 

 

「俺を今日から師匠と呼べ!( ゚Д゚)」

 

でしたw

 

それから毎日一緒に仕事をして毎日怒られw毎日いじられww毎日ごはんをご馳走になりwww

師匠の下にいた1年間は毎日ハードでしたけど毎日が新鮮でした。

そんな師匠が私にすり込む様に言っていたのが、

 

「3年後の自分を想像しろ!」

 

3年後に自分がどうなっていて、どうしているかを想像しろってことなんですけどねw

 

目の前の事に気を取られてると、先の事が考えられなくなって、目の前の事に潰されて

仕事も会社も嫌になっちゃう。でも3年後にあれしてこれしてこうなってって考えれば

今やっていることは通過点で、もっと先の事に意識を持てば仕事も会社の好きになる

もんだ。と飲んでる時に話していました。

 

そんな師匠は昨年ガンでなくなりました。49歳でした。

 

師匠が亡くなる2日前位に奥様から、もう長くないから会ってやって欲しいと電話を

いただきまして、仕事の合間に病院に会いに行ったんです。

体に沢山管がついて、呼吸も自分で出来ないから呼吸器付けられてて、でも私を見るなり

かすれた声で「愚弟がやっときた( ^ω^ )」って笑ってくれたんですよ。

30分位ですかね~たわいもない会話してたら眠いから帰れって言われたんですw

 

帰り際に言われたことが、

 

「3年後の自分想像しろよ!」

でした。

 

それが最後の言葉でした。

 

通夜も葬式も四十五日も泣かなかったんですけど、先週の日曜に子供の誕生会やった

時に奥さんと15歳の娘さんを招待していて、その時に師匠が亡くなる1か月位

前の入院日に私宛に書いた手紙をくれたんです。俺が死んで1年後に渡してくれって

言われたそうで。

 

読んだ時に初めて泣きましたよw号泣でしたww

 

でっかく書いてありました。

 

「おまえは最高の弟子だ」ってw

 

しかも初めて褒めてもらったんですw

手紙でw

 

だから師匠に手紙書きましたw

 

あなたのおかげで3年後が想像できる楽しい人生になりました。

とww