憂鬱を乗り越えた先の未来について

憂鬱を乗り越えた先の未来について

こんばんは、宮内です。

憂鬱でなければ、シゴトじゃない

azou01

ちょっと前になるが、有名な本の一つです。読まれた方もいるかと思いますが、
この本でも書かれている1ページにこのように書かれています。

僕は、朝起きると、必ず手帳を開く。自分が今、抱えている仕事を確認するためだ。そして、憂鬱なことが三つ以上ないと、かえって不安になる。
ふつう人は、憂鬱なこと、つまり辛いことや苦しいことを避ける。だからこそ、あえてそちらへ向かえば、結果はついてくるのだ。
楽な仕事など、大した成果は得られない。憂鬱こそが、黄金を生む。

楽しく仕事したいとか面白くしたいとかは、誰でも思うことだし、ほぼすべての人が望むならそう考えているものだと思います。

でも、その楽しさやおもしろさを追い求めるには憂鬱という感情・壁を乗り越えていくしか、真の醍醐味は味わえないもの。

憂鬱だと思えているならその壁を超えた先に真の楽しさ・面白さが待っているという思考に変えた方がいい。

結局はその先の未来・自分を信じることでしかは、ひらけないことを教えてくれる本でした。