小説を読もう

小説を読もう

こんばんわ、イベント担当のじょーがんです。

 

さて12月も中盤にさしあたってきました。

大谷大学文藝コンテストの〆切も間近に迫ってきておりますが

まだまだ1ヵ月ほど時間がありますのであせらずに作品の完成を目指してください。




こちらの文藝コンテストの話を聞いた時に思ったのが

高校生が書いた小説ってどんなもんなんだろう?というのが一番でした。

僕自身があまり小説などを読まないので大変興味があり、

入社してすぐに文藝コンテストを大谷大学まで運んだのですが

その数があまりにも多く、こんなに応募があるものなのかと驚きました。

 

ちらっとだけ読んだだけでも気になる作品も多く、小説を読んでみたいなと

思えるものが多くありました。

今後の作品にも期待したいと思います。