☆Halloweenの由来とは☆

☆Halloweenの由来とは☆

hw1031

Happy Halloween!こんばんは、RISAです。

本日はハロウィンですね!市場ではハロウィンがバレンタインを上回る大盛況で、渋谷の交差点はほこ天になったいますね!

RISAは未だ仮装してハロウィンパーティーをしたことがないので、若干波に乗り遅れていますが…

ハロウィンの本当の意味や由来をご存知ですか?

RISAは知りません。。ので、本日調べてみました!

ハロウィンとはキリスト教の諸聖人の日「万聖節(11月1日)」の前夜(10月31日)に行われる祭りの事です。

そんなハロウィンの語源は「諸聖人の祝日の前夜」という意味の「All Hallow’s Even」が短縮され「Halloween」と呼ばれるようになったと言われています。

また「hallow(神聖な)」+「evening(夜)」=「Halloween」という説もあります。

ハロウィンの由来は古代ケルト人の秋の収穫感謝祭に起源があると言われており、古代ケルト民族の1年の終わりは10月31日と定められ、この夜は死者の霊が親族を訪ね、悪霊が来て作物を荒らす、と信じられていました。

そこから秋の収穫を祝い、同時に悪霊を追い出す祭りが行われるようになりました。

ロウィンでは「ジャック・オ・ランタン」と呼ばれる南瓜をくり抜き顔に見立て、その中に蝋燭を立てた提灯が飾られます。これは死者の霊を導き、悪霊を追い払う為の焚火に由来すると言われお盆の「迎え火・送り火」に近いものがあります。

また、ハロウィンでは仮装した子供たちが「Trick or treat(お菓子をくれなきゃ悪戯するぞ)」と言ってお菓子を貰います。

この由来は農民が祭り用の食糧を貰って歩いた様を真似たもの、修道僧が家々を回って食料を分けてもらいながら死者たちに祈った等様々な説があります。

国民的行事というよりは、クリスマスと同様で、何かしら企業の商戦が絡んでいるように感じますが…笑

ハロウィンてなに??と、聞かれた時に今年からは答えられるようになっておきたいものです。。