東京と関西との営業の差

東京と関西との営業の差

https-www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-AL001-1onakakaigi20140830-thumb-1000xauto-17440
こんばんわ。宮内です。

9月の連休も終わり、東京ではイベントを実施してました。本格的に東京にも進出し、取引先も増えていく中で、
関西とまた東京は予算感など違うなぁと実感しています。




関西では少しでも安くでいいものをという感覚ですが、東京ではいいものだと感じてもらえれば予算を割く。
どの業界でもそうですが、この感覚の違いは全然違うものだと思います。

ただ扱う商品にとってこの感覚は違ってくるので、差別化はやはりこれから生き残っていくには重要です。
もっと必要とされる商品作りとターゲット選定、ブランド化、これを意識して質を高めていきます。

次年度の予算提案も始まっていますので、進学事業部もそうですが、新しくスタートしている高級弁当事業もこれから進めていきたいと思います。