おもれいの休日体制について

おもれいの休日体制について

sukejyu-ru

今回は、おもれいの休日体制についてお話したいと思います。

当社は働きやすい環境と制度を少しずつではありますが、充実させていっています。休日体制についても土日は基本休みですが、仕事をしたけれどすればいいし、休みたければ休んでもいいという体制です。要は自分の仕事(担当)がしっかりと回っていれば、平日でも休んでもいいとしています。
ここで大事なことは

「自分のことは自分で管理する」

です。自主制を大事にしているので、極端な例をあげると、とことん働いて一週間は休み!!ということもありです。
現にいろいろな本を読んでいても短いスパンで休むよりも長期的な休みをとって、また仕事をする方が業務効率も高まります。以前、当社大亀が言っていたとおり、自分の管理ができない人は、部下の管理はできない、これは本当にそう思います。
常に社員に対してはこういった管理能力を普段の業務の中、会社の中で伝えていくことは重要だと思います。

仕事と休みのバランスをしっかり作ることで、いざという時に最高のパフォーマンスを発揮してくれるのであれば、こういった休日体制はありです。
働きやすい環境を整えるのも経営者の役目ですが、自分で働きやすい状況を作るのも一緒に働くメンバー、一人ひとりが考えていく必要があると思います。