アマ野球が長いからこそ抱いた五輪出場への違和感

アマ野球が長いからこそ抱いた五輪出場への違和感

 小林雅英投手〔山梨県立都留→日体大→東京ガス→千葉ロッテ→インディアンズ→巨人→オリックス〕の連載記事が、日刊ゲンダイで大好評です。長らくアマチュア野球の最大の目標、目指すべき聖地は五輪だったことを理解されているからこそ説得力があります。ロサンゼルス五輪〔1984年〕で金メダルを獲得した日本代表・松永怜一監督〔福岡県立八幡→法政大学→住友金属〕の野球殿堂入りパーティー〔2007年11月〕の場で、星野仙一さん〔岡山県立倉敷商→明治大学→中日〕を相手に「五輪をプロから社会人に返してほしい」と迫ったのは有名です。

  プロ野球には2006年に開始されたワールド・ベースボール・クラシック〔WBC〕という国際的な大舞台があります。落合博満さんや鈴木一朗(イチロー) さんが鋭く指摘されるように、野球人口が急減する中で、五輪種目としての野球競技の継続はもちろんだが、国際試合での蓄積された経験では社会人に任せるのが妥当でしょう。プロ野球選手のユニフォームの着こなしもだらしなく見えます。社会人野球関係者の頑張りに期待します。第91回都市対抗野球大会は11月22日から東京ドームで開幕します。

蛭間俊之