「先生」こそ社会勉強が必要では?

「先生」こそ社会勉強が必要では?

 関西学院大学アメリカンフットボール部前監督・鳥内秀晃さんが、10月28日〔水曜〕のスポーツニッポンのコラム『頼むでホンマ』で、鋭く指摘されていた。『特別活動と人間形成』という書籍の冒頭には、「人間は教育によってはじめて人間となることができる(カント)といわれる。人間が自立できるまでには長い学習の期間が必要である」とあり、よくご講演でも紹介されるそうだ。

 人間は本能で行動する動物とちごて、教育を受けへんと人間になられへんねん。ええ年して子供を虐待したりとか、ちゃんと教育を受けとったら、絶対せえへんわ。(中略)だからな、先生もすぐに現場に出るんちごて、研修の後、2年くらい、どっか行って社会勉強したらええねん。(中略)教育、そして先生っていうのは、人生を左右する大事なもんなんや。頼むで、ホンマ。

蛭間俊之