冬季の目標

冬季の目標

 今日は社員全員で丁寧な各自の目標設定の公開と見直し、忌憚のない助言がたくさん聞けて大変有益でした。自分で立てた見通しが甘いと感じられるところは謙虚に見直さないといけません。社員として新しい取り組みに挑戦するならば、会社として毎年恒例の行事として見事に定着して、事業が高く評価されることが大切です。今年限りで終わるのではなく、参加された高校部活動の関係者が翌年以降も継続を強く望む大会協賛をしたいものです。

 高校の主催関係者と直前まで、確認を怠らずに連絡を密にとり続け、頭の中にイメージが皆さんに具体化されるようにしたいと思います。あとは無事に好天で試合が開催されることを祈るのみです。

蛭間俊之