代替大会名に注目!

代替大会名に注目!

❶「第102回全国高等学校野球選手権大会」と❷「第102回全国高等学校野球選手権大会の地方大会」が残念ながら中止になりました。大会の名称には、ルールがあります。2018年は、第100回の記念大会でしたが、「記念」という用語はどこに入れたでしょうか❔

A.「第100回記念全国高等学校野球選手権大会」

B.「第100回全国高等学校野球選手権記念大会」

ところで、2018年の春の選抜高校野球大会は、どうだったでしょうか❔

C.「第90回記念選抜高等学校野球大会」

D.「第90回選抜高等学校野球記念大会」

正解は、B.とC.です。

夏を主催する朝日新聞と春を主催する毎日新聞で見方が異なります。面白いですね。

でも、春の優勝旗〔春は準優勝旗もありますが〕をよく観察すると

「全国選抜高等学校野球大会」というように、『全国』という文字があり、ややこしい。実は業者がうっかり入れてしまったのだそうです。

さて、本来の地方大会は、❷「第102回全国高等学校野球選手権京都大会」というように、選手権と大会の間に、都道府県名が入ります。但し、「…選手権京都府大会」というような府を入れた表現は間違いです。もちろん、「…選手権大会京都府予選」という表現を用いるスポーツライターがいますが、正式ではありません。

今年は、都道府県独自の代替大会なので、大会名もいろいろと発表されるはずです。どうかご注目ください。

蛭間俊之