体調と年齢

体調と年齢

ダウンロード

こんにちは、高杉です。

昨日の夜は大雨が降っていましたね。

今週の降水確率もはっきりしない40%前後と

やきもきしております。

早く梅雨よあけろ!と心の中で叫んでおります。

梅雨があけたらあけたで、暑い暑い夏の到来なんですけどね。

でも夏と言えば花火!祭り!海水浴!

といった楽しみも増えるので待ち遠しいです。

ここ最近は一年中通して日焼けをする生活をしていなかったので、

今夏は久々に真っ黒になるのではないかと感じています。

22歳を過ぎたあたりから肌の質が変わってきたようで、

肌荒れするようになったので、日焼けにも気をつけなければ

と感じています。

 




 

今回は体調と年齢について思うところを。

年齢を重ねるにつれて多少の変化を感じています。

上記のとおり肌は格段に弱くなりました。

野球部に所属していたので、毎日外で汗をかき

まっくろくろに焼けていましたが、

肌の不調を感じたことはありませんでした。

でも最近は違います。

御札は水分がなくて数えるのに時間がかかりだしましたし、

スーパーのレジ袋も開けるのに時間がかかります。

ビニール手袋をつけて食器などを洗わないと

手荒れを起こします。

依然と比べるとものすごくデリケートな肌になっています。

皮膚が弱くなったのかどうかわかりませんが、

とにかく不便です。

体調についてもそうですね。

18歳前後までは2~3日寝なくても、次の日の行動には支障は出ませんでしたが、

今では支障が出るので、きちんと寝るようにしなければなりません。

寝だめ、という本当に存在するのかどうかも怪しい行為ですが

出来ていたような気がします。(最高で27時間一度も起きずに寝たこともあります)

ではあるい程度無茶が出来ていたときと

現在の自分とを比べた時と何が一番違うかというと

食事と運動ですね。

18前後の時は食事も自炊して、栄養を気にして食べていましたし、

運動も夜にランニングをしていました。

今では食事は外食オンリー

運動ゼロ

そりゃ野球部のときにいくら鍛えられていたとしても、

どんどんなまってきますよね。

年齢に対して体調は整えることが出来ますし、

実際の年齢より若い体を保っている人もいます。

体調管理も仕事のうち

よく言われる言葉ですが、

今のうちに徹底しておかなければならないと感じました。

 

 

今日はこんなところです。