大学が高校をM&Aをする時代

大学が高校をM&Aをする時代


こんばんは、宮内です。

最近、ニュースで読んだんですが、「附属高校」の進学がかなり人気が出ているみたいです。
私の高校時代は、附属高校って勉強して入るのはいいけど、入った後は、全然勉強しないというイメージでした。

ここ数年で受験スタイルも変わってきて、進学状況も時代とともに変わり始めています。

一番問題となっているのは、東京23区内の私立大学、早稲田、慶応、GMARCHに学生が山盛り集まり、近年。合格者はかなり狭き門になっていること。
こういった背景があるので、どこの保護者もある程度、保証される附属高校へ子どもを進学させたいという傾向になっているみたいです。

大学側もあたらしく附属高校新設や高校を大学の傘下に入れる動きが、すでに東京・大阪でも加速しているみたいですので、
今後はより一層、大学側は附属高校をM&A的な形で動いていきそうです。