人とは違う

人とは違う

 

こんばんわ、イベント担当のじょーがんです。

 

本日は有名になる人について書かせていただければと思います。

有名人などになる人はどうやってなるんだろう、と考えたことはありませんか。

プロ野球のドラフトなんかを見ると青臭い青年だったのが

2年もすればどうみても一流スポーツ選手の垢抜けた感じになっていたり、

テレビにも出てなかったアーティストがテレビに出だしたら

急にかっこよく、可愛くなったり、というのはよくあることです。

 

ではなぜこのように有名になるのか、それは人とは違うことをしているからでは

ないでしょうか。

京都高校バスケで強豪の東山高校のキャプテンは誰でも出来る、OFFの日に3時間

はシューティング練習をするとのことです。

2016年の東山と洛南の京都予選ではこれが試合の流れを変えたと言ってもいいぐらいに

シュートが入って、結果約40得点を1人で上げたそうです。

 

うまくなるんだから、と1日3時間は最低でもシュートをしなさい、と言われて

果たして何人が肯定できるでしょうか。

それを言えてしまう彼だからこそ強豪のエースになり、バスケ業界で有名になれたのでは

ないでしょうか。

人に慣れるよりも自分でどんどん人とは違うことを受け入れていくのも才能かもしれませんね。