新しいサービスを浸透していくためには

新しいサービスを浸透していくためには

こんばんわ。宮内です。

おもれいの事業の中で、部活動に特化したガイダンスを現在、提供させていただいています。

最近では多方面の大学・専門学校から「おもしろいね!!」「今まで視点が違う」など好評をいただいていますが、
今まで会場型のガイダンスとはまったく違う視点でやっているため、どうしてもご提案させていただいたときに今までのガイダンスの常識で、
受け止めてしまうので、予算の面でどうしても「高い!」「通常だとこの値段だっ」というよく言われる「常識」とう感覚で受け止められてしまいます。




ただ当社が提供させていただいているのは、これまでの「常識」を全く覆すものを提供しております。同じガイダンスというサービスの中で、
同じようにとらえられてしまう点は少し改善が必要なのかなぁと感じます。

今日はとある大学様に名前を変えて提供してみたら??というアドバイスをもらい、確かにそれもありだなぁと感じます。
自分たちが生み出す新しいサービスを浸透させていくためにはサービスのネーミングも改善していく必要があるのかなと思います。

少しずつパラダイムシフトが起こるまで時間がもう少しかかりそうだなぁと業界をみてて感じます。