大学がテロリスト勧誘の場としてなる恐れ

大学がテロリスト勧誘の場としてなる恐れ

tero
7月にバングラディシュで起こった大きなテロ事件。実は公開されたテロリスト10人の中に、元大学教授がいたことが明らかになった。
それがこちらのニュース記事である
↓↓↓

日本人7人が犠牲となった人質テロ事件のあったバングラデシュで、捜査をしている警察当局がイスラム過激派組織に関わった疑いのある10人のリストを公開した。その中に京都市の立命館大学で准教授をしていたとみられる“オザキ”容疑者という男が含まれていることがわかった。

出典:headlines.yahoo





何と立命館大学の元准教授という事実。これはかなり大学にとっては大ニュースであり、ダメージも大きい。国際テロリストが立命館大学にいたなんて、、これの事実が本当であれば怖いですね。
大学で学生たちを相手にテロリストとの深い関係を築いていたのかもしれないし、これから日本で起こってもおかしくないこと。
こういった事実を受けて、大学側も念入りなチェックやテロ対策に関しても早急に進めていく必要がありそうです。