将来、教員を考えておられる方向けのインターンシップを企画します。

将来、教員を考えておられる方向けのインターンシップを企画します。

当社では、将来「教員」になりたいという学生を対象としたインターンシップを企画していきます。

今回は、「教員」という職業になる前に、当社でインターンシップをした方がいいメリットについて書かせて頂きます。

 

(1)将来の働き方を考える際に、1つの基準ができる。

「教員」という職業は、皆様がご存知の通り「生徒の成長に関わり、やりがいのある仕事」です。

その一方で、教育は成果が見えにくく、成果が求めにくい仕事となります。
そのため、仕事に際限はなく、勤務外に仕事をしてる方も多いと聞きます。

大学生の皆様は、そういった事も充分承知の上で職業選択をしていると思いますが、
もし働いてみて、自分に合わないと感じてしまったらどうでしょうか?


そんな時に、「一度民間企業で働いてみた
という経験があると、

比較したうえで「やっぱり教師という道で生きていきたい

と検討する基準ができますし、

また転職する際にも、「民間企業で働いた経験があります」と言うことができます。

自身の将来を作るときの物差しを作る事ができます。

 

(2)生徒の将来に関わる仕事だからこそ、民間での勤務経験が生きる

「教員」という職業は、進路指導をおこなう必要があり、生徒の卒業後の進路について考えます。

卒業後は、「進学するか?」「就職するのか?」

どちらにしても「どういった企業・分野を選ぶのか」

働き方も「営業なのか、事務なのか、研究などの仕事をするのか」


多くの生徒は「民間企業で働く」可能性が高いと考えています。


当社のインターンを通じて、民間企業で勤務した経験があれば、進路指導において説得力があると思いませんか?

例えば、

「営業として売上目標やノルマに向けて取組む仕事」

「日々の経理事務を問題なく仕事」

「地道な研究の仕事」

それぞれ、「楽しさ」「やり甲斐」があり、「大変さ」「ストレス」があります。

 


「私はそういう仕事は、こういう人が向いていると思うよ」という答えより、

私も経験してみて、大変だったけど、楽しかったよ」と言えるような経験を

してみては、いかがでしょうか?

 

 

当社のインターンシップでは、上記の2点のメリットがあります。特に当社は高校生を対象にしたサービス展開をしていますので、その点もメリットだと思います。

もし、インターンシップにご興味がある場合は、お気軽にお問合せ下さい。